原創翻譯:龍騰網 http://www.eqqk.net 翻譯:騎著毛驢到處走 轉載請注明出處
論壇地址:http://www.eqqk.net/bbs/thread-486509-1-1.html



トランプ米大統領が5月25~28日、令和最初の國賓として訪日し、天皇陛下と會見した。安倍晉三首相とは11回目の首脳會談に臨んだほか、“ゴルフ外交”などを通じて個人的信頼関係を一層厚くした。日米の蜜月ぶりを目の當たりにして韓國紙は自國の孤立ぶりを懸念、文在寅政権の危機意識の欠如を問題視した。中國の官製メディアは冷めた視線で、日米首脳會談で目立ったのは不一致ばかりだと指摘した。

美國總統特朗普于5月25日至28日,以令和年第一位國賓的身份訪問日本,并與天皇陛下見面。這是日美第11次首腦會談,除此之外,安倍晉三還通過“高爾夫外交”等活動,進一步加強了與特朗普的互信關系。
看著日美關系日趨親密,韓國報紙開始擔心本國被日美孤立,認為文在寅政權缺乏危機意識。而中國的官方媒體則以冷淡的目光,指出日美首腦會談表面上引人注目,實則分歧頗多,暗流涌動。



さらに、「行き詰まった北朝鮮との核交渉や米中貿易戦爭の被害などは、まさに韓國の現実の問題だ。だが、韓國政府は緊迫した國際情勢にもあまりにのんびりしているようだ」と文政権の危機意識の欠如を問題視。「4月にワシントンでの首脳會談で文大統領がトランプ大統領と単獨で話した時間はわずか2分だけだった。韓米首脳が緊密に議論する時間さえなかった。日本とは外交・経済・軍事などの葛藤を解消できずにいる。時限爆弾である米中衝突の懸念は韓國経済に一層深く拡散している」と危機感を示した。

朝鮮的核談判陷入僵局,美中貿易戰連綿不休,這些都是韓國需要面對的現實問題。但是,韓國政府對待緊迫的國際局勢的態度似乎過于悠閑”,文在寅政權缺乏危機意識。
4月,在華盛頓峰會上文在寅總統和特朗普總統單獨談話的時間只有2分鐘。而對中美沖突的擔憂情緒也在韓國經濟界不停的擴散。

その上で、「米中貿易戦爭と北朝鮮の核問題にしっかり対処できねば、経済、安保ともに不覚を取り、仲裁者どころか、尻尾をつかまれ振り回される可能性もある」と事態の深刻さを訴えた。

如果不能很好地應對中美貿易戰爭和朝核問題的話,那么韓國在經濟和安全上都會陷入被動,別說當仲裁者了,顧此失彼,疲于奔命的情況也是有可能發生的。

一方、文化日報(5月29日付)の社説は、トランプ氏が米軍將兵への演説で「皆は黃海と日本海、東シナ海、南シナ海を守り、祖國と同盟國を敵から防護する」と語ったことに著目。「日本海・東海の表記の問題が(日韓の)敏感な懸案であるにもかかわらず、トランプ氏がてらいもせずに日本側に付き『日本海守護』の演説をした。中國牽制(けんせい)のために日本との同盟強化が絶対的であり、文在寅政権への外交的考慮はしないということでもある」と論じた。

另外,韓國《文化日報》(5月29日版)發文章稱,特朗普對美軍官兵發表的演說時曾表示:美軍士兵將守護黃海、日本海、東中國海、南中國海,保衛美國和同盟國。
日本海一直是日韓爭議海域,日本稱之日本海,韓國稱之東海——盡管如此,特朗普依然在日本發表了守護日本海的演說。特朗普還表示,為了牽制中國,美國必須加強與日本的同盟關系,而對文在寅政權的外交則不在考慮之中。

同紙は「両首脳の記者會見でも韓國には遠回しに觸れるのみで、重要な同盟國として扱われなかった。日本も韓國を無視している。G20での韓日首脳會談も不透明だ」と韓國の“不安要素”を列挙した。

韓國《朝日新聞》稱:“在日美舉行的兩國首腦記者招待會上,韓國的存在感稀薄,并沒有作為重要的同盟國來對待。日本也無視韓國。G20的韓日首腦會談也不透明”。



國営新華社通信は5月27、28日の論評で、トランプ氏が安倍首相と2人の“十八番”であるゴルフ外交を演じただけでなく、天皇陛下が即位後初めて會う外國首脳、宮中晩餐(ばんさん)會に出席する初の國賓、日本の「準空母」に初めて乗艦する米國大統領となった「初づくし」の外遊だと論じた。一方で、こうした安倍首相の苦心にもかかわらず、トランプ氏は日本に対する圧力を弱めていないと分析。27日の日米首脳會談では、農産品や自動車をめぐる貿易問題の立場の隔たりは埋まらず、朝鮮半島問題をめぐっても顕著な不一致が殘ったと指摘した。

中國新華社通訊在5月27、28日發表評論表示,特朗普和安倍首相費心聯袂出演了幾出“拿手好戲”,比如高爾夫外交,比如特朗普是天皇陛下即位后第一個會見的外國領導人。特朗普是首位出席日本皇宮晚宴的國賓,特朗普還是第一個登上日本準航母的美國總統
盡管安倍晉三費心費力地安排,但特朗普卻并沒有減弱對日本的壓力。在27日的日美首腦會談中,雙方在農產品和汽車的貿易問題上的隔閡依然存在,而日美雙方就朝鮮半島問題也存在明顯的分歧。

論評は「米國第一」を掲げて対中圧力を強めるトランプ氏を牽制することも忘れない。安倍首相とトランプ氏が観戦した大相撲について「最高位の力士は橫綱と呼ばれ、手厚い報酬と高い地位にふさわしい厳格な禮儀と道徳水準が求められる」とした上で、世界の貿易でトップの実力を持つ米國が、しばしば貿易相手國に「いじめ」的な手段を用いて「國際貿易ルールとぶつかっている」と非難した。
うと論じた。

中國新華社表示,安倍晉三和特朗普還一起觀看了相撲比賽,在日本,最高位的相撲手被稱為“橫綱”,獲得“橫綱”稱號地相撲手不僅要力量過人,而且要具備嚴格的禮儀和道德水準,這樣才能獲得優厚的報酬和高位的地位。而在現實世界中上,美國作為世界貿易中實力最強的霸主,卻經常用“霸凌”手段指責他人。